地曳いく子流バッグのメンテナンス法でブランドバッグを使い倒す方法

公開日: 

女性の大好きなブランドバッグ。
欲しいけどついつい考えてしまう「もったいないかなぁ」「使う機会がないかなぁ」。

そこで安いバッグで妥協したりするのですが、人気スタイリストの地曳いく子さんのバッグの使い方は「とことん使い倒す」

地曳さんの著書でご紹介されていた、地曳流バッグの使い方をご紹介します。

大人のおしゃれDo!&Don’t ババア上等! 余計なルールの捨て方

スポンサードリンク
  

地曳いく子さん流ブランドバッグの買い方

人気スタイリストの地曳いく子さん。
「服を買うなら捨てなさい」という衝撃的なタイトルの本は、おしゃれに悩むアラフィフ世代の指南書として大ベストセラーになりました。

そんな地曳さんのバッグの選び方は?

「3年に一度、ブランドのバッグを買う」

お値段は20万円くらいのものブランドものを、3年に一度買うそうです。

そして、買ったからには、ほとんど毎日1年のうち300日くらいはそのバッグを使うと言います!

雨の日は他のバッグに持ち替え、荷物が多い日は2個持ち。
そして両手を空けたいときはバックパックに持ち替える程度であとは、とことん気に入ったバッグを使い倒します。

ブランドバッグのメンテナンス法地曳いく子流

気に入ったバッグを使いまくっていると、どうしても劣化してきますが、
地曳さんは上手にセルフメンテナンスをしていらっしゃいました。

バッグのメンテナンスも地曳さんのオリジナル方法があり!
とても参考になりますよ。

「バッグの角の擦れを予防する方法」

手にハンドクリームを塗ったら、ハンドバッグの角など擦れやすい部分にのみ塗ります。

この時、直接塗るとシミになるので、手に馴染ませた後の残りを塗るのがポイント。
そして、香料など入っていない無添加のものが良いそうです。

ハンドバッグの角が擦れて白っぽくなるととても見窄らしくなりますが、この方法で予防できるようです。

さらに時々はフルメンテナンス。
中身を全て出し、ひっくり返して中のゴミを払ってから、ブラシでホコリや汚れを落とします。

スポンサードリンク

そうして、バッグ全体も革用のクリームで時間をかけてお手入れ。

「色がはげてきたら・・・」
スプレータイプの染色塗料「染めQ」で補修。

周りを汚さないように、大きなゴミ袋に入れてシューッとやるのがコツだそうです。

地曳さんは染Qを使ってリペアする方法を、バッグや靴だけじゃなく、ライダースジャケットにも使うそうです!

これ是非真似したいです。

「プロに頼むこともある」
街の革リペア専門店にお願いすることもあるそうです。
1万円以上かかるけど仕上がりは満足とのこと。

高価なブランド品や長く大切に着たいなら、利用する価値ありですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 
地曳流バッグを使い倒す方法。

洋服同様、使わずにしまい込んでしまうのが一番もったい無いことですよね。

と言いながらついつい、もったい無いと思って使わなかったり、それ以前に本当は欲しいバッグを諦めて「やすいバッグ」を買っていたりしてしまいがちですが、
地曳さんの方法を知るとガンガン使い倒せるので、もったい無いとは思わずに好きなバッグを持ってテンションも上げていけそうです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑