お正月飾りの意味と飾る期間お正月に飾りたい花の種類

公開日: 

お正月に玄関に飾る「お正月飾り」や、お正月に向いている縁起の良い花、そして飾り方についてまとめてみました。
これさえ読めばお正月の準備に迷うこと無し!

スポンサードリンク
  

お正月飾りってどんな意味があるの期間はいつからいつまで?

お正月とは新しい年の幕開けを祝う日。
本来は年神様をお迎えする目印、また不浄を断つしるしとして、門松を立てわらや水引のお飾りがかけられてきました。

お正月飾りはいつから飾るの?
現代では、諸説ありますが、大掃除を終えた12月26日あたりから飾るのが一般的です。
とくに良い日とされているのは28日、30日。
お正月飾りをさけた方が良いと言われているのは、29日と31日。
29日は「二重の苦」に通じることから。
31日は「一夜飾り」と言って葬儀の準備を連想させること、そしてたった1日で年神さまをお迎えする準備をするという意味になり、
誠意が欠けているからと言われています。

お正月飾りを片付けるのは、松の内(1月7日)以降です。

665bfae362ccf3f8649683a70927a6b1_s

お正月に飾りたい縁起の良いお花とは?

「南天・千両」
南天は難を転じる「難転(なんてん)」に通じることから、とても縁起がよいと言われています。

同じく赤く小さな実をつける千両は、縁起の良さに加えて景気が良くなるという意味を持つ縁起のよい花です。

どちらも、冬の寒い季節に彩りを添えてくれる華やかで縁起の良い花です。

「葉牡丹」
花言葉は「祝福」
肉厚の葉が幾重にも重なることから、吉事が重なる象徴と言われているのが葉牡丹です。
また葉牡丹は、「百花の王」と称される牡丹の代わりにもなります。
牡丹はとてもきれいですが、飾るとパラパラと落ちやすいので、持ちの良い葉牡丹が使われているようです。

スポンサードリンク

「菊」
中国から不老長寿の妙薬として伝わった菊。
菊の紋は天皇家の家紋にも使われている高貴な花です。
古来から「菊を飾ると福がくる」と言われ、お正月の生花には欠かせないお花です。

「松」
松は神が降りてくる「神の依り代(よりしろ)」
とても神聖な植物です。

1年中青々と繁る常緑樹であるため、永遠の命の象徴でもあり、不老長寿の意味も持ちます。

正月花場所別飾り方のコツ

「リビング」
すっきり片付いたリビングには、ダイナミックに活けた花が合います。
高さを出して、ボリュームたっぷりに活けましょう。

必ず使いたいのは松
他南天や千両をあしらい、白い花(菊)と赤いダリアなどで紅白のイメージにすると豪華でお正月らしいイメージに。

2e4d210247778ab37c86562646fba6cf_s

「テーブルの上」
高さを出さず低くまとめると食事のときなども邪魔になりません。
花器は低くてコロンとしたものを選びます。
バラや可愛らしいピンポンマム(菊)を合わせた洋風アレンジや、
胡蝶蘭と菊、松ぼっくりと菊などもおすすめです。

「玄関や洗面所」
お正月は家中に花を飾りたいものです。
狭いスペースには、場所をとらない一輪挿しに、松の小枝と千両を一枝ずつ活けるだけでも華やかでお正月らしくなります。
シンプルすぎるなぁと思ったら、一輪挿しに紅白のリボンを巻くのも素敵です。

まとめ

お正月に正月飾りとお花があるだけで、ぐっと華やかになり良い新年をお迎えする準備が整います。
お花以外にも、悪を払って福を呼ぶ「獅子舞」
防災招福のお守り「瓢箪」の小物、酉年にちなんで鳥モチーフなどの縁起小物も良いですよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑