お中元贈る時期何を贈るやめ時はいつにするの?正しいマナーとは

公開日: 

夏のごあいさつに贈られるお中元。
お世話になっている親兄弟、親戚、仲人、職場関係、習い事の先生などにお礼の意味を込めて贈るものです。
今年からお中元を贈ろうかなぁ・・・と思う前に、ちょっと待った!
意外とお中元って面倒な要素があります。

お中元のマナーと、間違いについてお話ししますね!

スポンサードリンク
  

お中元を贈る時期はいつ関東と関西の違いあり

職場関係の人に贈る場合、お中元やお歳暮の贈答を廃止しているところも増えてきました。
まずは確認をしてみましょう。

本来は持参するのがマナーとされていますが、かえって先方の負担になることも。
デパートから贈るのが一般的ですが、急に送り付けられてビックリされるケースもあります。

あらかじめ「お中元を送りました」と伝える送り状や電話で伝えるのが正しいようですが、最近はあまり一般的ではないようです。

贈る時期
関東では7月初めから15日
関西では7月末から8月中旬

この時期から遅れて贈る場合は、表書きが
「御中元」から「残暑御見舞」に変わります。

お中元何を贈れば良い?贈りもので注意したいこと

お中元に贈るもの
主流は食料品です。
季節感のあるそうめんや水羊羹、メロンやさくらんぼなど旬の果実のほか、
ビール、ジュース。
日用品の洗剤など消耗品も人気があります。

ただ、食べ物は好みが分かれるところです。
先方が甘いものは一切食べない、糖尿で控えている、肉を食べないベジタリアンだったというケースもあります。
無難に思えるビールも実はワイン党だったり、好みのビールが決まっていたりと難しいです。

スポンサードリンク

相手の家族構成や年齢によっても、選ぶものは熟考したいところです。

親や兄弟なら希望の品を聞いておけますが、そうじゃない時は、品物より商品券やビール券といったものの方が嬉しいという意見が多いです。

商品カタログも今は種類が豊富で、先方の家庭に合いそうなものを選ぶことができます。

金額の目安は、3千円から5千円。
・前年より金額を下げる
・目上の人に高価なものを贈る
この二つは失礼になるので注意が必要です。

お中元はいつまで贈るものうまく止めるコツは?

お中元は一回だけ贈るものじゃなく、ずっと贈り続けるものとされています。

つまり今年送ったら来年も贈るものです。
そこでやめ時が難しく多くの人の悩みどころです。

そうならないためには、「御中元」にしないで普通に「贈りもの」扱いにするのが良いそうです。

つまりお中元時期でも、御中元という「のし」をかけないでもらうのです。
また、時期を外して旅行に行った時などのお土産を贈るなど、
少しずつフェードアウトすると罪悪感がなく、お中元をやめやすいようです。

ちなみに、お中元を贈ったらお歳暮も贈るというのがマナーです。
「そんな夏も冬も贈ってられないわ・・・」という場合にはお歳暮だけにするのが正解。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
お中元を贈るのは、ちょっとした覚悟に似たものが必要かもしれないですね。

実はいただく側も、お中元は負担になるという意見も多いようです。
自分がいただいて負担に感じる時は、早めに「お気づかいは必要ありません」という旨を伝えてあげたいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑