【お中元のお礼状文例】お中元を断るときお礼が遅れたときの一文

公開日: 

お中元シーズン。
季節を感じさせる贈り物は嬉しいものですが、届いたらまずやらなくてはいけないのはお礼状を出すこと。

ぐずぐずしてしまうとどんどん億劫になってしまうものですが、すぐに出してしまうと気分もスッキリ、頂いたものを心から楽しむことができます。
お中元を頂いたとき、断るとき、そしてお礼が遅れたときに添えたい一文のご紹介です。

スポンサードリンク
  

お中元が届いたらお礼状はいつ出すの?お返しは必要?

「お中元の礼状はいつまでに出すの?」
これはもう、頂いたらすぐにが基本です。
荷物が届いたら、一両日中(1日〜2日)。

手紙で出すのが基本とされていますが、相手によっては電話でもOKですし、日頃からメールでやり取りをする間柄なら、メールでも失礼にはなりません。

「お返しは必要?」

お中元は本来、目下の人から日頃お世話になっている人にお礼の気持ちで贈られるもの。
お返しは不要とされています。

でも、相手との関係によっては「何か自分も贈り物をしたいなぁ」と思う場合もありますよね。
どちらかというと近い関係のケースかと思われるのですが、
そのような時は、残暑見舞いとして贈り物をするか、どこかに出かけた際に「お土産」として贈り物をするのが良いでしょう。

お中元のお礼状のコツと文例集

お中元のお礼状に盛り込みたいこと
お礼と日頃の感謝の言葉
贈られた品物について具体的な喜びの言葉を入れるのがポイントです。

「お中元の礼状の文例」

スポンサードリンク

連日の猛暑、いかがおすごしでしょうか?
本日は大変結構なお中元をいただきましてありがとうございます。
家族全員そうめん好きとあって、さっそく賞味させていただきました。
こしがあってのどごしも良く、本当においしかったです。
主人がくれぐれもよろしくと申しております。
時節柄、お体ご自愛くださいますように。
まずは、お礼まで。

            
「お礼状を出すのが少し遅れた場合の文例」 

・心ならずもお礼のご挨拶が遅れてまして、お詫び申し上げます。
・さっそくお礼を申し上げるところ、ごあいさつが遅れ、お許しください。

などの一文を添えます。   

「お返しを贈る場合の文例」
本日は、お中元にハムを頂戴しありがとうございます。
お盆に皆でいただこうと楽しみにしておりますが、週末には食べてしまいそうです。
別便で、北海道のメロンをお送りしましたので、皆さんで召し上がってください。
暑さ厳しいおり、無理をなさいませぬように。
まずは、お礼まで。

お中元を今後は要らないとお伝えする断りの文例集

そろそろお中元をいただくのをやめにしたいな、と思ったら。
お礼状にその旨を書いて伝えると、さりげなく伝わりやすくスマートです。

「お中元の断り方の文例」

・お気持ちだけはありがたくいただき、今後はご辞退申し上げます。
・今後はお気遣いなさいませんように、お願い申し上げます。
・ご好意は大変ありがたく存じますが、今後はこのようなお気遣いをされませんよう、お願いいたします。

などの一言を添えます。

まとめ

シンプルで書きやすいはがきを幾つか揃えておくと、慌てることがなく便利です。
鳩居堂のものは品が良く、お礼状にピッタリでおすすめです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑