足の裏が痛い!40代女性に多いモートン病セルフケア

公開日:  最終更新日:2016/05/01

足の裏が痛い、しびれる。
こんな症状を感じるのは40代女性が多いようです。
原因のひとつ考えられるのは、モートン病。 
特徴的な症状と、解決策をまとめみました。

スポンサードリンク
  

足裏の痛みやしびれの原因とは?

足の裏が痛い、しびれる。
原因として考えられるのが「モートン病」

ヒールを履くと痛みが強くなる、中指・薬指の付け根が痛むなどの症状が特徴です。

あまり聞きなれない病名ですが、モートン病について雑誌クロワッサンで医師が詳しく解説をされていました。

理由ははっきりしないけど、症状を感じる人のほとんどは女性で、外反母趾とは関係ないことが多いそうです。

原因として考えられるのは、ハイヒールの常用など合わない靴を履き続けることや、長時間のつま先立ちが原因になることも。

40代以降に発症が多いのは、加齢が原因。
筋肉が弱り緩んだこと、合わない靴を履き続けたことで、足の横アーチの崩れが病気を誘発します。

スポンサードリンク

モートン病のセルフチェック

モートン病のセルフチェック
・ハイヒールを長時間履くことが多い
・つま先立ちをすると足の付け根が痛い
・歩行時に指の付け根から指先にかけて痛みやしびれがある
・靴を履いていると症状が強く、脱ぐと軽くなる
・足指の付け根を押さえると痛みがある

モートン病の治療法自分で出来るセルフケアとは

まず、自分で気をつけたいことは、足に合わない靴を履かないこと。
パンプスを履く時間を短くすること。
仕事で履く必要がある時は、通勤の時はスニーカーにしはき替えるなどの工夫も必要です。

それでも改善されない時は、足専門の外科に行きましょう。
治療は、靴の見直しや、足底インソールで足の負担を軽くすること。
次に局所麻酔で痛みを和らげる方法、それでも効果がない場合は手術をすることもあるそうです。

モートン病専用の足底インソールは各種販売されています。
ネットでも手軽に入手できますよ。

まとめ

モートン病と知らずに、足裏の痛みをがまんして悪化させる女性が多いようです。
痛みを感じたら、靴を見直すところから意識してみたいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑