夏バテ予防&回復に役立つ ナチュラル系飲み物 おすすめ3選

公開日: 

夏バテの症状は食欲が出ない、だるい、むくむなど。
これらが重なって、とても疲れてしまいます。

水分を多くとりたい夏ですから、飲み物で夏バテ回復できるものを選びましょう。
ポイントは疲れを回復させるものと、余分な水分を排出させること。
夏バテ回復できる飲み物をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

「甘酒」飲む点滴と言われる栄養価の高さ

体内の水分が汗とともに大量に失われると夏バテの原因になります。

甘酒に含まれるアミノレブリン酸は、エネルギー代謝に欠かせないアミノ酸。
代謝力や細胞再生能力を高めてくれる昔ながらの栄養ドリンク。
飲む点滴とまで言われています。

ただし、選ぶ時は麹で発酵させた砂糖の入っていないものを選びましょう。
市販のものの多くは砂糖入りですが、麹で発酵させた甘酒は砂糖無しでも十分に甘く美味しいですよ。

ハイビスカス+ローズヒップ夏バテハーブティの定番

手軽に疲労回復するならビタミンCが便利。
中でもハイビスカスとローズヒップは香りが良く飲みやすいことで人気です。
色も美しいワインレッドで、目を楽しませてくれます。

スポンサードリンク

ビタミンCは体に蓄積されることができないので、こまめに摂ることが必要です。
ハーブティなら食事やティータイムに飲みやすく、ビタミンC補給することで夏に紫外線を浴びたお肌のケアにも役立ちます。
女性の夏に欠かせないハーブティですね。

マテ茶は栄養たっぷり飲むサラダ

マテ茶は鉄分、カルシウムといったミネラル、
ビタミンA、Bに、フラボノイドを豊富に含む飲むサラダと言われています。

夏バテになった時、栄養源になります。

そして、抗酸化作用、熱量を排出する作用、さらに免疫力アップにも役立ちます。

カラダの疲れだけじゃなく、メンタル面の疲れにも効果があると言われている、元気のためのお茶です。

つい冷たくして飲みたくなりますが、あまり冷たくすると胃が冷えてしまうので、温かいものか常温がオススメです。

まとめ

冷たい飲み物をがぶ飲みしないのも、夏バテを防ぐコツ。
どうしても冷たいものを飲みたい時は、すぐに呑み下すのではなく、口に含ませて一呼吸置いてから飲むとお腹の冷えが軽減されますよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑