歯ブラシ選びでいつも迷うを解消!むし歯歯周病悩み別選び方

公開日: 

お口のケアに歯ブラシ一本だけ。
歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシってどれがいいのかさっぱりわからないからテキトーに選んでいる。
という人はいませんか?
歯医者さんから聞いた、症状別正しいお口ケア道具の選び方をご紹介します。

スポンサードリンク
  

むし歯予防に選ぶ歯ブラシはどれ?

口のケアに絶対欠かすことができないのは歯ブラシですが、種類が多すぎてどれがいいのかさっぱりわからなくなります。

歯ブラシは症状で選びましょう。

「むし歯の多い人、むし歯予防をしたい人」
・硬さ・・・普通
・毛先・・・真っ直ぐなもの

「デンタルフロス」を使うことが大切

歯と歯の間は歯ブラシでは掃除できない部分。
特に乳歯や生えたばかりの永久歯は隣り合っている部分からむし歯になりやすい。
特に小さなお子さんほど、フロスでのケアが重要。
手で持つ部分のついた、ホルダータイプのものなら、お子さんでも使いやすいです。

できれば毎食後、時間が取れない時は夜だけでも毎日使うことでむし歯予防になります。

歯周病歯肉炎が悩み歯ブラシはどれを使えばいい?

むし歯予防と同じ歯ブラシでは歯茎を痛めてしまいます。

歯周病(歯槽膿漏)歯肉炎がある時は
・硬さ・・・やわらかめのもの
・毛先・・・やや細めのもの

毛先が細いものは、歯と歯茎の隙間歯周ポケットに入り込むことで、歯周ポケットの入り口のケアをすることができます。

歯周病や歯肉炎を起こしている時は、硬い歯ブラシでゴシゴシ磨くのは控えましょう。

歯間ブラシを使う
歯茎に問題がある場合は、フロスではなく歯間ブラシを使います。

加齢で歯茎が下がると(上の歯は歯茎が上がる)と、歯根(歯の根っこの部分)が露出してきます。

歯根は歯の上の部分より弱く、むし歯になりやすいです。
また、歯茎が腫れていると歯根の磨き残しが多く、むし歯や歯周病の悪化原因にも・・・。

歯間ブラシはサイズがいろいろありますが、歯と歯の間に無理なく通るものを絵r日ましょう。

電動歯ブラシとマウスウォッシュの注意点

最近は電動歯ブラシを愛用する人も増えてきましたが、効率よくブラッシングできる反面、ブラシの当て方が意外と難しくきちんと磨けていない人も多いそうです。

スポンサードリンク

使う前にかかりつけの歯科医に相談するのがオススメです。

デンタルリンスやマウスウォッシュも人気ですが、これだけではむし歯や歯周病の原因になるプラークを除去できるものではなく、あくまで補助に使うものです。

まとめ

大きな歯ブラシでは磨ききれないところは、一歯磨き用歯ブラシを勧める歯医者さんも多いです。

ワンタフトブラシ、シングルブラシという名前で販売されていますよ。

プラークの隠れ家にも直接届いて磨くことができる優れものです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑