夏の咳くしゃみ鼻水の原因は「ダニ」かも!布団のダニを撃退する方法

公開日: 

咳、くしゃみ、鼻水がずっと止まらない・・・。あまりに長く続いたら、夏風邪よりダニアレルギーを疑った方がいいかもしれません。
風邪によく似た症状ですが、検査をしてみたら半分以上がダニアレルギーと判明されたそうです。
実はダニアレルギーに悩まされている人はとても多く、多くの原因は「布団」にあります。 
布団のダニを撃退する方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

効果がない布団のダニ退治方法

布団周りはダニの温床
ダニの発生が一番多いのは布団周り。
特に枕が多く、寝返りを打つたびに死骸やフンがブワッと舞い上がりそれを吸い込んでいるイメージ。

ひどくなると夜咳き込みがひどくて眠れなかったり、さらに悪化するとダニが原因の喘息で亡くなる方もいるほどです。

まずは徹底的に布団周りのダニ大事から。
ところでこんなダニ退治をしていませんか?

「日光&紫外線に当てる布団干し」
「洗濯をして水で死滅させる」

え?! どっちもやってるよ。
と思った方も多いかもしれませんよね。 実は私もやっていました。

ところが、この二つどちらも効果はほとんど無しなのだそうです・・・。

日光干しは、真夏の炎天下35度くらいの外気に4時間あてても、ダニは温度の低い布団の中に潜り込んで避難。
100%生き残ります。

水攻め、洗濯機で洗って脱水をした程度では、流れ落ちたのはたったの20%程度です。

他にも、乾燥させたり、真空にしたり、たとえ冷凍しても(!)死滅しないのがダニ。
恐るべしですね・・・。

でも大丈夫ですよ。ちゃんとダニを退治する方法があります。

布団のダニを撃退する方法

ダニは50℃で20〜30分、60℃なら一瞬で死滅することが
兵庫県西宮市役所の環境衛生課の研究でわかりました。

50℃でダニを死滅させる方法は2つ

「洗濯機の乾燥機を利用する」
洗濯用乾燥機の内部の温度は、55℃以上になるものがほとんどです。
中には70℃になるものもあります。

スポンサードリンク

この中に布団を入れて乾燥させれば、ダニは100%死滅。
家庭用のものが小さめなら、コインランドリーを利用してみましょう。

「布団乾燥機を使う」

布団乾燥機があれば、これを利用しましょう。
布団乾燥機は50℃以上になるので、30分スイッチを入れておけば、ダニは退治できます。

ただし、古いタイプの空気で膨らむシートを使う布団乾燥機は隅々まで熱が伝わらない可能性があります。

「旧式の乾燥機の場合」
敷布団を横に置き、その上に布団乾燥機のシートを縦に置く。
敷布団でシートを包むようにし上にふんわりと掛け布団を乗せたら
2時間スイッチを入れる。

下に敷布団をおいて、上に掛け布団をかけることで、すみずみまで50℃になります。

ダニを死滅させたら後処理も大切

熱を加えて死滅させても油断は禁物。
死骸やフンもアレルギーの原因になります。

死滅させたら、後処理をしましょう。

「掃除機をかける」

一番効果的なのは、掃除機をかけること。
丁寧に満遍なく、片面40秒程度を目安に両面かけましょう。

さらに効果を上げるなら
・布団専用掃除機を使う
・布団専用のノズル(1500程度で販売)を使う
・ノズルにストッキングをかぶせる
 ストッキングをかぶせると布団の布に吸い付いて動きが悪くなることがなくなります。


「洗濯をする」

生きているダニを死滅させることはできませんが、死骸やフンを洗い流すのことができます。

枕も洗える素材を選んで、常に熱を加えたり洗うのがオススメです。

まとめ

いかがでしょうか?
特にダニが繁殖しやすいのは7月8月と言われています。

ダニ対策は加熱処理は3か月に一回程度
掃除機は週に一回程度かけると効果的だそうですよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑