背中と胸のニキビを完全に治す石けんシャンプーの正しいやり方

公開日: 

夏は肌の露出が増えます。
背中や胸にできたニキビに困っていませんか?
水着はもちろん、浴衣のうなじ、オフショルダーの洋服も、ニキビが目立ちます。
ニキビの原因はシャンプーやトリートメントと言われていますが、シャンプーを石けんに変えるとニキビがぐっと減ると言われ医師も薦めています。
ニキビが気になる方はシャンプーを石けんに変えて、背中ニキビを撲滅しましょう!

スポンサードリンク
  

背中や胸元にできるニキビの原因はシャンプー?!

背中や胸にできるニキビ
皮膚科の多くの医師も、ニキビを改善するならシャンプーを見直す必要があると提言されています。

シャンプーに含まれる強い洗浄成分は、肌につくとしばらくは取れず、じわじわと皮膚の構造が壊れていき、ニキビや肌荒れの原因に。
これを防ぐには、顔や背中にできるだけつかないように洗うことです。
(顔に垂れないように上を向いて洗うなど)

またシャンプー以上に気をつけたいのはトリートメント。
見逃している場合も多いのですが、トリートメントの化学成分は洗い流しても髪や手に残る強いものです。

髪をロングヘアにすると背中ニキビや胸ニキビが増えた経験を持つ人も多いのも納得です。

肌に優しい石けんシャンプーのやり方

シャンプーを肌に優しい石けんにしたことで、ニキビだけじゃなく乾燥肌や肌荒れの改善になったという声はとても多いのです。

ただし、髪の毛がカラーやパーマで傷んでいる人は、最初はちょっとごわごわしてしまうかもしれません。
だけど頑張って乗り越えると、頭皮と髪の健康が戻ってきます。

1・洗髪前に丁寧なブラッシングで汚れを落とす
2・手で頭皮を揉み込むようにしてシャワーでよくすすぐ
3・固形石鹸を頭皮にすり込むようにして泡立てながら洗う
  頭皮を中心に洗う
4・一回目はあまり泡立たないのでさっと洗い流し、もう一度石けんをつけて
  丁寧に洗う
5・石けんをしっかりと流す
6・クエン酸を手に取り(ティースプーン1杯程度)、何度かに分けて髪の毛 
  につけていく。 クエン酸は薬局で販売されています。
7・頭皮をマッサージしながらゆきわたらせ、最後にすすぐ

スポンサードリンク

クエン酸がちょっとヒリヒリするという方は、洗面器一杯分のぬるま湯にクエン酸ティースプーン2杯を溶かし(すぐ溶けます)、バシャバシャと髪にかけるのもOKです。
どちらでもやりやすい方で。

クエン酸を使うことで石けんシャンプーでアルカリ性に傾いた髪を弱酸性に戻すことができるので、石鹸シャンプー特有のごわごわが無くなりますよ。

シャンプー洗顔に使いたい石けんの選び方

石けんシャンプーはどんな石けんを使えばいいのか?

ドラッグストアなどには「石けんシャンプー」というのがボトル入りで売られていますが、添加物が入っているので固形の石けんがおすすめ。

さらに固形石けんの中でも肌に優しいのはどれ?

・冷製法(コールドプレス)で作られたもの
石けんの製法は「中和法」「釜炊き法」「冷製法」がありますが、
コールドプレスは加熱せずに作られ、油脂が酸化しにくく一番肌に優しい製法です。

・着色料、香料、防腐剤、品質安定剤が入っていないもの
全成分に油脂の名前(オリーブオイル、パーム油)と水酸化ナトリウムだけが表示されているなら安心。
 
全成分に石けん素地100%と書かれているものは無添加でも、弱い肌にはちょっと強いです。

・発泡剤が添加されていないもの
 発泡剤が入っていると泡が立ちすぎて綺麗に頭皮が洗えません。

あとは、
・PH値が低いもの
 PHが高い=アルカリ度が高いため、肌に負担になります
 PHは8〜9が理想的、PH10以下ならOKです。

まとめ

PH値などは石けんに表示されているならいいのですが、あまりそこまでは表示されていないので、サンプルや小さな石けんから試してみるのが一番です♪
髪や頭皮に優しい石けんは洗顔にもぴったり。
石けん一つで全身洗えるのはとっても便利ですよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑