暑中見舞いはいつから送る?サクッとメールで送る簡単文例集

公開日: 

暑中見舞いをメールで出す人が増えてきました。
ごく簡単な文章でも、いただくと嬉しいものです。

メールでサクッと出せる短くスッキリした、
暑中見舞いの文例を集めてみました。

large-1

スポンサードリンク
  

暑中見舞いメールで出すならいつ?気をつけたいこと

暑中見舞いは、梅雨があける7月15日頃〜立秋(8月7日頃)の間、約3週間に出すものです。

立秋を過ぎてから出すものは、残暑見舞いになります。

ハガキで出すのが一般的ですが、仕事関係の人などは住所がわからないことも多いですしメールで出す暑中見舞いの方が出しやすく人気が出てきています。

メールで出す時には
先方に、件名で暑中見舞いだとわかる工夫をしましょう。


「暑中お見舞い申し上げます(自分の名前)」
「会社名(自分の名前) 暑中お見舞い」

スポンサードリンク

暑中見舞いの前文例

・暑中お見舞い申し上げます。
毎日うだるような暑さが続いておりますが、
皆様にはお変わりございませんか。

・今年の暑さは格別ですが、お変わりございませんか。
おかげさまで私は元気に過ごしております。

・暑中お見舞い申し上げます。
連日の猛暑続きですが、いかがおすごしでしょうか。

・暑中おうかがい申し上げます。
今夏は例年に比べ格別な暑さとなりましたが、
皆さまにはお元気でお過ごしのことと存じます。

暑中見舞いの末文例

・今年は残暑も厳しいと聞きました。
お体大事になさってください。

・お盆明けまで暑さは続くようです。
おからだにはくれぐれもご留意くださいませ。

・近いうちにお会いして暑気払いをしませんか。
ご連絡を待っています。
酷暑の折、くれぐれもご自愛のほど、祈ります。

・酷暑の折から、〇〇様には何卒ご自愛のほどお祈り申し上げます。

まとめ

暑中見舞いのはがきを買って、文面を考えて・・・となると面倒ですが、
メールならハードルがグッと低くなりませんか?

先方から届いてしまう前に、こちらから暑中見舞いを送りたいものです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑