服の断捨離地曳いく子さんの本に学ぶ洋服選びのコツでスッキリ

公開日: 

数年前から女性に大人気の本「服を買うなら捨てなさい」
著者はスタイリストの地曳いく子さん。
自分らしいおしゃれを楽しむために、不要な服を処分し大好きな洋服だけを着る方法がわかりやすくまとめてられています。

この本に触発され、洋服の断捨離をし選び方に迷いがなくなった女性が続出する
その方法とは?! 簡単にまとめてみました。

スポンサードリンク
  

地曳いく子式断捨離する洋服はこれ

地曳いく子さんの断捨離方法は、実に簡潔。

捨てるべき洋服は以下のものです

large-1

・今朝脱ぎ捨てたもの
朝、これを着よう!と思ったのに、いざ着てみるとイマイチ・・・。
イマイチに感じるには理由あり、デザインが古い、今の気分に合わないなど。
おそらく着ることはありません。

・たら、ればと条件つきのもの
「痩せたら」「また流行れば」
その日が来る確率はとても低く、痩せた時にはもう違う流行が来ているし、流行は繰り返していても微妙に変化しています。
潔く処分に。

スポンサードリンク

・高かったけど着ていないもの
かつて高いお金を出して買ったお洋服やバッグでも、似合わなくなったり流行遅れになってしまったら処分対象です。

いくら高級品でも、自分をおしゃれに見せてくれないなら意味がありません。

地曳いく子式残して良い服の選びかた

・着てみて自分が良く見える洋服は残す

「痩せてみえた」「顔うつりが良い」など、少しでも良く見える洋服は残してOK
似たような洋服が何枚あってもOKです。

地曳式の洋服の選び方は、ワンパターンや同じ服ばかりを推奨しています。
なぜならワンパターンの洋服は、その人自身のスタイルだからです。

地曳いく子流買って良い洋服とは?

・今持っている1枚を処分してでも欲しいものを買う

地曳流の洋服選びは、買い足しではなく、買い替えが基本。

新しいものを買うときは、処分したいアイテムがあるかをまず考えます。
今と同等かそれ以下なら、買う必要は無しと考えましょう。

・試着をしてそのまま着て帰りたい洋服を買う

試着をして気に入った洋服は、そのまま着て帰りたくなりますよね。
こんな服は、即買っても大正解と地曳さん。

迷わず買って、たっぷりと着て楽しみましょう。

まとめ

地曳流の断捨離は、洋服を全て一箇所に集めてなどの方法論は一切なし。
自分に似合うか似合わないかを基準にも、その日着てイケテナイと思ったものは、どんどん処分してみてください。

私は実際やってみたのですが、洋服がものすごく減りました(笑)
でも、困ることは一切なし。
そしてリバウンドすることもなく、クローゼットはスッキリしたままです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑