日本化粧品検定のコスメコンシェルジュ資格ってどうやってとるの?

公開日: 

コスメ好きの女性の間でコスメコンシェルジュを目指す人が増えています。
コスメコンシェルジュは、化粧品をただしく使うための知識や、化粧品についてのスペシャリスト。
仕事や副業に活かす人はもちろん、日々化粧品を選ぶときに自分の目で成分や効能を判断できるようになると言われています。

コスメ好きには魅力的ですよね。

コスメコンシェルジュの資格ってどうやって取るのか調べてみました。

スポンサードリンク
  

コスメコンシェルジュになるための試験とは?

まずは、日本化粧品検定の1級を取ります。
日本化粧品検定は1級〜3級までの試験があり、

3級は随時HPで受験を受けることができます。

2級と1級は、5月と11月の年2回各会場で受験をします。

日本化粧品検定1級に合格すると、合格証が発行されます。
さらに日本化粧品検定協会へ入会し、特定の研修プログラムを受講したらコスメコンシェルジュの認定書を発行していただけます。
(入会金10,000円
年会費10,000円
研修の受講料5,400円)

化粧品の知識だけが欲しい場合は、日本化粧品検定の資格だけでも十分かと思我ますが、コスメコンシェルジュに認定されることで、履歴書や名刺に肩書きを付けることができ、仕事に生かすことができ、専門家によるセミナーやイベントへの参加が優遇され、会員だけが入れるHPでは就職や転職の情報も掲載されています。

日本化粧品検定の試験に必要なテキスト問題集

日本化粧品検定協会の認定校があり、そちらで勉強をすることもできますが、
公式テキストでの独学で受験をする人が多いようです。

日本化粧品検定受験対策用の公式テキストと問題集は書店やネットで販売されています。

DSC_0914

スポンサードリンク

どちらも
2級と3級は一冊にまとめられ、1級は一冊です。

2級3級テキストは、
スキンケア、メイク、ヘアケア、ボディケアなどお手入れ方法が学習できます。特に間違えがちな知識を中心に今日からすぐに実践できる方法がわかります。
価格:1,836円(税込)
出版社:主婦の友社

1級の公式テキストは、化粧品の成分を中心に歴史、処方、香り、ネイル、口腔、サプリメント、法律などの分野を幅広く学習できるように構成されています。
価格:1,944円(税込)
出版社:主婦の友社
発売日:2016年3月24日

1級問題集は価格:1,728円(税込)
2級問題集は価格:1,512円(税込)

3級用はありません。 実際の試験問題に近い類題がたっぷり収録されています。

コスメコンシェルジュになることで広がる可能性とは

日本化粧品検定の資格を取る人の7割が、美容関係の仕事についている人と言われています。
化粧品や美容に関する知識がより増えることで、
仕事上で顧客と接する時に説得力が増すなど資格取得で仕事に役立ちます。

他には、セミナーを独自に開催したり、コスメ系のライターとして活躍する人も増えています。

美容に関する意識の高い、タレントさんやモデルさんの中にもコスメコンシェルジュの資格を持つ方がいます。
タレントのアン ミカさん
お笑いコンビ クワバタオハラの小原正子さんが有名ですが、今後も増えていきそうですね。

まとめ

ちなみに、日本化粧品検定は国家資格ではありません。
現在日本には、化粧品関係の国家資格は無いそうです。

私もテキストを買ってみたのですが、眺めているだけでも知らないことばかりでとっても面白いのです。
コスメ好きの女性にはとても興味のある資格だなぁと思います。

ぜひ書店でテキストから手にしてみてください♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑