唇の日焼け乾燥にご用心!日々のケア法とホクロができた時の対処

公開日: 

夏の肌トラブルの一つに、「唇の乾燥」があります。
唇って案外盲点じゃないでしょうか?
しかし唇も紫外線を浴びて日焼けをし、人によっては唇にホクロやシミができてしまうことも・・・。

リップクリームを使った正しい唇ケアや、黒子ができた時の対処法をご紹介いたします。

スポンサードリンク
  

唇の乾燥夏は日焼け対策が必要

唇は皮脂腺や汗を出す汗腺がないため、皮膚が乾燥しやすく、荒れやすいです。
更に、唇は食事や会話の際に動かしますし、なめたり噛むくせがあると、刺激が加わ続け流ことに。

乾燥しやすくて炎症を繰り返すため、紫外線のダメージを受けやすく、その分、余計にメラニン色素が多く作られるのです。

紫外線を浴びると、肌の表皮は紫外線を吸収するために黒い色素であるメラニンを増やして、皮膚を守ろうとします。
それは唇も同じこと。
結果、メラニン色素が多く作られてホクロができるのです。

お肌に日焼け止めを塗るように、唇にも紫外線対策が必要です。

日焼け 唇 乾燥を防ぐリップクリームの選び方塗り方

唇には日常からリップリームを塗ることが大切。
特に唇が荒れやすい人は、忘れないようにしましょう。
荒れてから塗るのではなく、予防として塗ることが大切ですよ。

紫外線対策としては、唇にも日焼け止めを塗りましょう。顔につける日焼け止めを唇に使用しても問題ありませんが、肌用のものは乾燥しやすいものもあるので注意を。

UV効果のあるリップクリームや、リップ専用下地が便利です。

スポンサードリンク

また、塗り方にもコツがあります。
リップクリームは横に塗るのではなく、縦に塗りましょう。
縦ジワにもしっかりと塗りこめるイメージで。

たまに1日中リップクリームが手放せないという人がいますが、もしかすると唇がトラブルを起こしている可能性もあります。
塗る回数は1日5回くらいまでにしましょう。

唇にできた黒子そばかすを消す方法

唇に黒子、ソバカスができると大変です。
なかなか日々のケアだけでは消えなくなってしまいます。

そしてはじめは小さなホクロも、成長して大きくなるケースも。
大きくなってからの治療は更に難しくなると言われています。

ほくろが気になってきたら、皮膚科に行くのがオススメです。

皮膚科では、レーザーもしくはハイドロキノンクリームを処方されるのが一般的です。

ホクロは小さいうちにレーザーを照射して、盛り上がらないうちに消してしまうのが良いです。
平らな状態のホクロならレーザー治療で完全に消すことができると言われています。

すでに濃く盛り上がったものは、1回の照射で消えず、数回治療が必要になるようですが、早いうちにケアをしておくに限ります。
レーザーのため、照射した後は黒くかさぶたになります。
お休みの前とかにやっておくと良いと思います。

ハイドロキノンは、お肌のシミにも処方されますが、レーザーよりは時間がかかると思った方がいいでしょう。

まとめ

唇のケアってついつい忘れがちで、乾燥してから慌ててしまうのですが、日頃のケアとほくろが出来てしまった後は、早めに皮膚科で処置していただくと安心です。
ふわっとなめらかな唇をキープしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑