日傘を選ぶポイント日焼け防止と熱中症予防になる色と素材はどれ?

公開日: 

夏に欠かせない日傘。
種類も豊富で選ぶのは楽しいのですが、紫外線防止という目で見ると一体どれが一番いいのかな、と迷うこともあります。

日焼け防止と熱中症の予防という視点で日傘を選ぶ方法を調べてみました。

スポンサードリンク
  

日傘の色は黒が一番って本当?

「日傘の色は黒が一番だよね!」という意見も多いです。
しかし、黒の日傘は紫外線をカット(吸収)するけど、100パーセントではありません。

『同じ種類の日傘でたくさん色があるなら黒が一番紫外線をカットするよ。』という程度なんです。

「内側黒の傘がベスト」

道路からの照り返しが傘の内側に当たります。
上からの日差しは気にしていても、この照り返しが盲点です。

内側が黒であれば照り返しを吸収し、、もちろん紫外線も吸収してくれます。

そして内側黒の傘で一番嬉しい効果は、
まぶしくないということです。目に非常にやさしいのです。地面からの照り返しが大きい夏には、特に効果を感じていただけるはずです。日傘の裏側は今のところ黒がベストと考えます。

日傘の色シルバーのものは日焼けしない?

日傘で表面がシルバーの傘もよく見かけます。数年前から人気で、UVカット傘と言われていますが、シルバーの傘はどうなのでしょうか?

スポンサードリンク

シルバーの傘は紫外線を反射させる働きがあります。
紫外線カット率は99パーセント。
繊維の隙間から少し、紫外線が入るのは避けれないようです。

シルバー日傘の方が黒い日傘より涼しいだけでなく、紫外線カット率もシルバーの方が高いと言われています。

ただし全面シルバーの傘は、傍から見るとギラギラとまぶしくて迷惑だという点から、作っていないという日傘メーカーさんもありました。

日傘を涼しさで選ぶなら麻かコットン製なのかな?

日傘をさすのは、紫外線を避けるのと、暑さを避けるためですよね。
猛暑で熱中症にならないためにも、涼しさはチェックしたいところ。

コットンレースや麻素材のものは見るからに涼し気ですが・・・。

それより日傘に関しては、当たると熱に変わる「可視光線」と「赤外線」をカットできる素材かどうかが重要です。
風通しのいい素材は太陽光をばんばん通しますのでむしろ暑いのです。

『風通しがいいので涼しい』は、日傘に関してはどうやら間違い。

しっかりと日差しをカットできる素材のものを選ぶのが、涼しさそして熱中症予防につながるようです。

まとめ

・内側が黒の素材は地面からの照り返しと紫外線を吸収してくれる
・シルバーの傘は完全遮光ではないが、黒の日傘より涼しく紫外線カット率が高い
 (光るため周囲に配慮が必要)
・麻や綿の日傘は熱に変わる太陽光を通すので暑くなる

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑