日傘選び完全遮光と一級遮光日傘の違いとメリットデメリットとは?

公開日: 

日傘を探していると、完全遮光という日傘と一級遮光日傘という表示のものを見かけます。
一級と完全どちらも良さそうですが、違いはあるのでしょうか?
調べてみました。

スポンサードリンク
  

日傘を選ぶポイントは遮光率

「遮光率とは?」
人の目に見える光を可視光線といいますが、可視光線を遮断・カットする率のことです。

遮光率の高いものを選ぶとより、日差しをカットできるというわけです。

夏に日傘をさす理由は、美容のため日焼けしたくない 暑さに弱い、の他に
日光アレルギー、 光過敏症といった、本当に光を完全にシャットアウトしたい場合もあります。

日光アレルギーとは?
紫外線アレルギー、光線過敏症とも言われますが、日光を浴びることで、皮膚に症状が出たり、頭痛発熱、などの深刻な症状が起こることです。

一級遮光傘のメリットとデメリット

一般的に遮光傘と呼ばれているものは紫外線吸収剤や反射剤の処理により遮光性を持たせた、1級遮光生地を使用した日傘のことで、遮光率99.00%以上のものを指します。その中でも99.99%以上のものを遮光1級傘と呼んで区別しています。

生地にコーティング加工、つまり塗っているものです。
そのため、塗りムラがどうしてもできてしまうのがデメリット
100%の遮光にはなりません。

しかしメリットもあります。
まず、価格が安め。そして軽い。 これが一級遮光傘の良いところです。

2000円台からデザインも豊富に見つかります。

スポンサードリンク

完全遮光傘のメリットとデメリット

対する完全遮光傘はその名の通り、遮光率は100%!つまり、紫外線(A波・B波)は100%カット、可視光線もカットする傘です。

日光アレルギーがある人や、完全に日差しをカットしたいなら、完全遮光タイプの傘の方が安心と言えます。

ただしデメリットもあります。

それはお値段が高いこと。そしてちょっと重いこと。
完全遮光タイプは三層構造の生地で、ゴワっとした素材感になり重さもあります。
そしてお値段は1万円を超えてしまいます。

さらに販売しているお店が少ないです。

完全遮光傘はサンバリアと芦屋ロサブランが有名で、他の日焼け傘はほとんどが一級遮光傘です。

でもお値段に見合う価値はたっぷりですよ。

まとめ

一級遮光傘と完全遮光傘どちらにしますか?
日光のアレルギーがある方は、完全遮光の方より安心と思われますね。

完全遮光傘を扱っているお店のサイトをご紹介しますね♪
サンバリア100
http://uv100.jp/

芦屋ロサブラン
http://www.ashiya-roseblanc.com/

私はサンバリアのものを愛用していますが、傘の中に入るとひんやりと涼しく、日焼けの心配がありません。

DSC_0951

もう6年ほど使っています。
お値段が張るものだけに、忘れた!と思ってもすぐに取りに行くので、失くさずにずっと使っています。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑