目の紫外線対策サングラスの色とUVカット率から選ぶ方法

公開日: 

紫外線対策は万全なつもりでも、忘れがちなのが「目」と言われています。
多くの人は、まだ外を歩く時に目のケアをしていないのですが、裸眼で長時間紫外線を浴び続けていると、白内障や角膜炎などを引き起こすことが・・・。

紫外線対策になるサングラスの正しい選び方とは?

スポンサードリンク
  

紫外線を防止できるサングラスの色は?濃いサングラスはNG?

紫外線防止に最適なサングラスの色ご存知でしょうか?

濃い色薄い色?
迷うところですが、どちらでもOKです。

濃い色のサングラスは、瞳孔が開きっぱなしになるためより多くの紫外線を取り込んでしまうからダメ。
と言われていますが、これは紫外線カットされていないサングラスの場合です。

紫外線カット機能付きレンズなら濃い色でも、薄い色でもどちらでも好みに合わせてよいのです。

紫外線は朝から多く降り注いでいると言われています。
薄い色や色のついていないサングラスは、通勤時にかけやすいですね。

紫外線カット率で選ぶサングラス

色と紫外線カットは関係ないですが、重要なのは紫外線のカット率。
数値で「紫外線透過率」または「紫外線カット率」が表示されています。

スポンサードリンク

「紫外線透過率」の場合は数値が少ないものがより、紫外線をカットしてくれます。

例えば、紫外線透過率1パーセント以下と表示されているものは、紫外線を99パーセントカットしてくれます。

「紫外線カット率」の場合は、数値が高いものを選びましょう。

どちらも性能が良くなると、その分お値段は高くなります。
屋外でどの程度使用するのか、などをショップで相談するのがおすすめです。

サングラス以外で目の紫外線ケアをする方法

UVカットタイプのコンタクトがあります。
普段からコンタクトで矯正をしている方なら、夏はUVカットタイプを選ぶのがおすすめです。

度無しのUVカットコンタクトは、カラーコンタクトにあります。
カラーコンタクトを使っている人も、夏はUVカットタイプを選ぶと紫外線対策とおしゃれが同時にできますね。

そしてメガネのレンズにもUVカットタイプがあります。

まとめ

サングラスに、メガネ、そしてコンタクトと、紫外線ケアアイテムは全て揃っています。
どれを使うか、シーン別に幾つか揃えておくとファッションにも合わせられて便利ですね♪

サングラス類は雑貨店で買うより、メガネ専門店で使う用途を相談するとより安心ですよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑