日焼け止めが効かないを解決する方法とおすすめの日焼け止めコスメ

公開日: 

日焼け止めをしっかりと塗ったはずなのに、毎年気づくと日焼けしている・・・。
これはショックですが、ちゃんと原因はあります。
日焼け止めがちゃんと効くコツとおすすめのコスメのご紹介です。

スポンサードリンク
  

SPFとPA数値が高ければ高いほど効果があるの?

まず、日焼け止めの基礎知識のおさらいです。

日焼け止めを買う際に参考にする、SPFとPA値について、

SPFは、肌の浅い部分に影響するUVB波を防止する効果のことです。
数字で表し、最大はSPF50

1SPFは20分紫外線から肌を守る効果があり、例えばSPF30なら10時間UVB波から肌を守るとされています。

これに対しPA値はUVA波のことです。
このUV-A波は肌のハリや弾力を担う真皮まで届いて、シワやたるみの原因となる怖いもの・・・。

PAの後ろについている+の数値が多いほど、紫外線A波から肌を守る防御率が高くなります。

じゃあ、これがガッツリ高ければいいの?
って思われるかもしれませんが、決してそうではないのです。

というのも強い日差しから肌を守る日焼け止めは、肌にかける負担も高くなります。

日本化粧品工業連合会による目安は
・短時間のお買い物や散歩なら、SPF10PA+以上
・アウトドアスポーツをするときは SPF30PA++以上
・炎天下で過ごすときは、SPF50PA++++

ちなみに、SPF30の日焼け止めと、SPF35のファンデーションを重ねづけしても、SPFは65になりません!

SPF値の高いものが有効となるため、この場合はSPF35になるというわけです。

日焼け止めを塗っていたのにうっかり日焼けこれって何が悪いの?

日焼け止めを塗ったつもりでも日焼けをした・・・、
これって経験ありませんか?

実はとても多いそうですが、原因はほとんど同じ。
それは、「塗り直していない」または「塗る量が少なすぎる」です。

まず、日焼け止めは必ず塗り直すことが必要です。
これはSPFが高いものでも同じ。
最低でも2時間に一回は塗り直すことが勧められているほどです。

だけど「メイクをしていると日焼け止めが塗りなおせない」ですよね。
そんな時は、メイクの上から重ねられるパウダータイプの日焼け止めか、
UV効果のあるフェイスパウダーを使います。

メイク直しと日焼け止めリタッチが一度にできて便利
人気のMIMC

スポンサードリンク

ぬる量が少ないと日焼け止めはムラになります。
多くの女性はぬる量が少ないと言われています。
使用量は日焼け止めのパッケージを確認して塗りましょう。

そして塗り忘れにもご注意。
耳の裏、首、襟足は塗り忘れることが多い場所です。

またコメカミから頬にかけた場所は、シミがとてもできやすい場所。
しっかりと日焼け止めを塗りましょう。

日焼け止め対策を時短できるおすすめアイテム

日焼け止めを塗る時間が無い!
そんな方に、おすすめはスプレータイプ。
全身にバーッとスプレーできるので、時短できますし、背中や足など塗りにくいところにも均等にぬることができます。

顔の日焼けを時短するなら、日焼け止め効果のあるBBクリーム。
BBクリームはこれ一本で、化粧下地とファンデーション効果がある便利もの。
そこにUV効果が入っていれば、メイクと日焼け止めが一度にできます。

UV効果のあるパウダーで化粧直しをすれば、BBクリームを塗りなおさなくても日焼け止め効果が継続されますよ。

まとめ

うっかり日焼けをしてしまうと、そのうち「まぁいっか」となり、いつの間にかシミが増えていたりすることも・・・。
シミになる前に、しっかり日焼け止めで防ぎましょうね♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑