日焼け肌戻らない白くならないをサプリで解決!美肌になる方法

公開日: 

紫外線に気をつけていたつもりでも、つい日焼けをすることってありますが問題はその後。
すぐ元の肌に戻ってくれれば良いのですが、日焼けが回復しないことがあります。
怖いことに、年を重ねるごとに白さが戻りにくくなるとも言われています。
肌の色を戻すために取りたい栄養とサプリのご紹介をしますね。

スポンサードリンク
  

日焼けをした後まずはビタミンC!摂り方にコツあり

日焼け止めをしっかり塗ったつもりでも「うわっ、焼けちゃった!」ってことはよくありますよね。

そんな時はまず、大量のビタミンCを摂りましょう。

炎症が和らぎ、痛んだ皮膚も早く回復し、それほど色が黒くならずに済みます。
日焼け対策はその日のうちにが、後に引きずらないコツです。

「ビタミンCの効果的な摂り方」

ビタミンCは血中に長く存在できないため、こまめに飲むことが必要。
また、美白効果を狙うなら1日3g程度を5〜6回程度に分けて取るのが一番効果的です。

これをこまめに続けていれば、三ヶ月後には、肌全体に透明感が出て垢抜けた印象になると言われています。

鉄分が足りないと肌が白くならない

美肌に絶対に必要なのは鉄分!
日焼肌を回復するためにも、積極的に摂りたいものです。

加齢とともに日焼けが戻りにくくなるのは、紫外線で発生する活性酸素に原因があります。
活性酸素を除去する酵素カタラーゼを体内で合成する機能が衰えていくから、です。
酵素カタラーゼの材料になるのは、鉄。
鉄分が足りないとせっかく摂った栄養がスムーズに働くことができません。

鉄分をしっかりとっていれば、合成能力を復活させることができます。

スポンサードリンク

鉄分って足りないと貧血が起きると認識している人は多いですが、美白にも絶対に必要なの栄養です。
活性酸素を消すことから、老化を防いでくれる大切な栄養分です。

「鉄分サプリはどれを選べばいいの?」

鉄分サプリには
ヘム鉄と非ヘム鉄があります。

効率よく鉄分を摂るなら、ヘム鉄がオススメです
ヘム鉄の吸収率は非ヘム鉄の5〜10倍
動物性食品に多く含まれ、副作用がありません。

非ヘム鉄は、
ほうれん草や、小松菜などの植物性食品に含まれています。
吸収率が低く、サプリで摂ると胃がムカムカするなどの副作用があります。

ちなみに鉄分で人気のプルーンは、食物繊維のペクチンに覆われているため、鉄も一緒に排泄されてしまうので鉄分補給にはお勧めできません。

日焼け肌の回復にはたんぱく質とビタミンBも欠かせない

「たんぱく質」
肌の修復、髪の毛、爪に至るまでたんぱく質が絶対に欠かせません
ビタミンや鉄を細胞に届けるためには、たんぱく質が働きます。
つまり鉄やビタミンをとっても、届けてくれるたんぱく質が足りないと細胞まで運ばれないので無意味になります。

必要な量は体重1キロ当たり1〜1.5グラム
体重が50キロなら、50〜75グラムのたんぱく質が1日に必要です。

そしてたんぱく質がスムーズに代謝されるためにはビタミンB群も欠かせません。

「ビタミンB」
ビタミンB群は相互作用があるので、複合的に摂る方が効果的です。
ビタミンB1だけのサプリより、ビタミンB群とされたサプリを選びましょう。

まとめ

日焼け回復しにくい・・・、加齢が原因だったのですね。
私はこれモロ当てはまりますが、あなたはいかがでしょうか?
紫外線対策をしっかりとですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑