日焼け止め塗る塗らないどっちが肌を傷めない?肌に優しい紫外線対策

公開日: 

年中紫外線対策をする人が増えていますが、本当に日焼け止めって必要なの?って感じる人、また日焼け止めを使うと肌が荒れてしまうという人はいませんか?
日焼け止めで荒れることが多く迷うことも多かった私、日焼け止めを塗る塗らないで迷った時、どうしたらいいのかをまとめてみました。

スポンサードリンク
  

紫外線と日焼け止めどっちが肌を傷めないのか?

結論から言ってしまうと、紫外線も日焼け止めいずれも肌を傷めます!

紫外線は肌に刺激を与える物質が含まれていて長時間浴びると肌を傷め、肌をまもるために色素成分のメラニンが作られます。
さらに紫外線を多く浴びすぎると、シミやシワが出来やすくなり皮膚ガンを引き起こすリスクが高なくなると言われています。

しかし!日焼け止めには、界面活性剤や防腐剤のほか紫外線を吸収する成分などが入っていて、日常的に塗ると肌を傷めるのです。

肌に優しい成分を謳っている日焼け止めでも、落とすときにクレンジングを使ったりすることで肌を傷めてしまうのが現実です。

肌を傷めバリア機能が低下していると、少しの紫外線でもダメージを受けてしまいます。

つまり、どっちも肌を痛める原因にはなり得るというわけです。
ただし、シチュエーションによって日焼け止めを使い分けていくことで肌を痛めるリスクがぐっと減り紫外線から肌を守ることができますよ。

次でご紹介しますね。

日焼け止めを時間とシチュエーションで分ける

外出時は日傘・帽子・長袖でカバーする
帽子のつばは最低でも7センチ以上が良いです。
帽子を被らない日は大きめの日傘で紫外線を防ぐようにします。

完全遮光されるタイプの帽子や日傘は、紫外線対策されていないものとは全く違いヒンヤリと涼しく、日焼けのリスクがグッと減りますよ。
ちょっとお値段は高めですが、長く保つサンバリア100のものがオススメです。
サンバリア100HP>>>http://uv100.jp/

また、日差しが一番強いのは10時〜14時
この時間をできるだけ避けて外出するのも紫外線対策になりますよ。

スポンサードリンク

道を歩く時も、常に日陰を選ぶ癖をつけるだけでも、ダメージはうんと軽減されるそうですよ!

日焼け止めを使うときの注意点肌を傷めない日焼け止め

日焼け止めは必要に応じてつかうようにします
時間にすると15分以上外に出るときだけ日焼け止めを使います。
15分未満外を歩く程度なら、シミになる可能性は低く、日傘などで十分紫外線対策できます、

海水浴やアウトドアを楽しむときは、SPF値が高いものが必要ですが、それ以外はSPF値が20未満のもので十分です。

SPF値はUV-B紫外線をブロックする指数
強さではなく時間です。
SPF1で約20分。 SPFが20のものは、約400分紫外線から肌を守ってくれるという意味です。

PAというのはUV-A紫外線からお肌を守る数値をいいます
+の数が多いほど肌を守る強さが高くなリますが、反面肌に負担もかかると覚えておきましょう。

肌に少しでも負担がかからない日焼け止めの選び方
日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。
紫外線吸収剤不使用はノンケミカルと同じ。
どちらかが表記されているものの方が肌に負担がかかりません。

またお湯で落とせる日焼け止めも販売されています。
このタイプだとクレンジングが必要ないので、肌が弱い人にはオススメです。

虫除け効果もあるベビーも使える優しい日焼け止め>>>【99%以上天然由来 紫外線吸収剤・ディート不使用】アロベビー 国産オーガニックUV&虫除けミスト

自宅に居るときも日焼け止めを塗る
これはやり過ぎで、肌を痛める原因になります。
日当たりの良い部屋には、遮光カーテンにするか遮光フィルムを貼りましょう。

まとめ

紫外線対策、肌の弱い人にとっては特に迷いどころかと思います。
CMや情報を見ていると、日焼け止めは絶対に必要って思ってしまいますしね。
あなたに合った方法の参考に少しでもなりましたら、とても嬉しいです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑