髪の紫外線ケアダメージの予防と痛んでからのケア方法

公開日: 

髪の毛が痛みやすい、パサついている、それは紫外線の影響もあるかもしれません。
紫外線に気を付ける女性が増えてきましたが、髪の毛の紫外線対策を忘れては片手落ち。
これから夏に向けて、しっかり髪の紫外線ケアをしていきましょう。

美しい髪は、何よりのアンチエイジング効果があると言われていますよ。

スポンサードリンク
  

髪に紫外線ケアが必要な理由

髪は顔の2倍以上もの紫外線量を浴びているといわれています。
それは顔と違って常に紫外線にさらされているから。

タンパク質から出来ている髪の毛ですが、紫外線はこの結合を分解し、
さらに、髪の表面を保護するキューティクルも紫外線によってはがされていくと、枝毛や切れ毛の原因になります。
また、強力な紫外線はメラニン色素も壊していくため、髪の毛先が赤茶けてくることにもつながります。

実は、とっても怖いのがお分かりいただけましたでしょうか?

でも、あらかじめ予防対策をして、ダメージを受けた後にしっかりとケアをすれば大丈夫ですよ。

髪の毛の紫外線ケア予防対策

帽子や日傘を使用して、直接的に紫外線が当たるのを防ぎましょう。
帽子は遮光率の高いもの、つばの広さが7cm以上あるものが理想的です。
日傘も同じく、遮光率の高いものがいいでしょう。

帽子の中に入りきらない髪は、市販の髪用UVカットスプレーを吹き付けておきます。

ヘアメイクさんの中には、ミネラルウォーターに体用の日焼け止めを入れて混ぜた手作りUVスプレーを、夏の屋外ロケにモデルさんの髪の毛日焼け予防に使う人もいらっしゃいます。

簡単な作り方をご紹介しますね

スポンサードリンク

「手作り紫外線防止UVスプレーの作り方」
小さなスプレー容器に、日焼け止めクリームを2プッシュほど入れ、10倍のミネラルウォーターで薄めてよーくシェイク。
これで出来上がり。
髪の毛に吹き付けて使いましょう。

ただし、この手作りUVスプレーは1日で使い切ることが大切。
保存は効きません。

髪の毛が紫外線ダメージを受けてしまった後のケア

気をつけていても、アウトドアなどで頭皮が紫外線ダメージを受けてしまうことも。

特に気をつけたいのは海水浴。
塩分が含まれている海水よって水分が失われ髪の内部がどんどん乾燥していきます。
そこに紫外線を浴びると、髪のタンパク質が破壊され、さらに傷つきやすくなります。

海に行った後は、髪の毛がバサバサになるのは海水と紫外線のダブルパンチだったのです。

日焼けによって頭皮が赤くなってしまっている場合は、まずは冷やしましょう。
水を入れたビニール袋を当てるか、直接水を当てるなどして最低でも20~30分冷やしましょう。
ただし直接氷を当てるのは、ダメージを受けた頭皮には刺激が強すぎてNGです。

日焼け後は、キューティクルを保護してあげる必要があります。
シャンプーやトリートメントをダメージケア用のものにしましょう。

また、洗い流さないタイプのヘアトリートメントをドライヤーや、ブラッシングの前には必ず使ってあげるといいですよ。

まとめ

実は最近、肌ケア以上にヘアケアに気をつけている女性が増えているそうです。
その理由は、髪の毛はごまかしが効かないから。
そして髪が艶やかだと、肌も美しく見えるから、だそうですよ。

お肌の紫外線ケアと一緒に、髪の紫外線ケアも習慣にしていきたいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑