日焼けした頭皮のケア皮むけの対策と予防法日頃から気をつけたいこと

公開日: 

日焼け対策顔とボディは万全にしていたつもりが、頭皮が日焼け。
真っ赤っかになったり、皮がむけてしまったりと、頭皮の日焼けは以外と多いものです。

海外旅行やアウトドアで、うっかり頭皮を日焼けした際のケアと紫外線から頭皮を守る方法をお話ししたいと思います。

スポンサードリンク
  

日焼け後頭皮の皮むけが起きた時の対処法

うっかり帽子をかぶらずに外に長時間いたりすると、頭皮が日焼けを起こします。
頭皮の日焼けも皮膚の日焼けと同じで、炎症を起こして痛みやかゆみが生じたり、角質の状態が乱れてフケ症状がでたりすることがありますが、そんな時は、まずやりたいことは・・・、

「とにかく冷やす」
軽く炎症が起きている時は、タオルに水を含ませてよく絞り頭皮に乗せる。
タオルが暖かくなったら再び水を含ませて冷やす。
これを繰り返します。

「肌と同じように保湿系化粧水と塗る」
頭皮に化粧水!?
と驚かれるかもしれませんが、この方法医師も勧めているのをよく目にします。
ただし、美白系の化粧水やアルコールの入ったものは刺激が強いのでNG
優しい保湿成分の入ったものがおすすめ。

さらに消炎作用のある軟膏を塗っておくと万全です。

「汁が出たり痛みがひどい時は病院へ」
頭皮の日焼けがひどいと、浸出液と言って「汁」が出てくることもあります。
また痛みがひどいこともありますが、そんな時は迷わず皮膚科にいきましょう。
自己処理は禁物です。 

日焼け頭皮予防に使う日焼け止めの選び方

頭皮ケアに化粧水を使っても良いように、頭皮にも日焼け止めを使っても良いのです。
髪の毛用には専用のUVスプレーがありますが、頭皮は顔と同じ日焼け止めで大丈夫。

スポンサードリンク

シーン別に使い分けるとより日焼け予防効果が高まります。
海やプールで泳ぐ時は
SPFとPA値の高いウォータープルーフのものを。
こまめに塗り直すのを忘れないように。

それ以外のアウトドアなら、スプレータイプの日焼け止めが塗りやすいでしょう。
ただし、スプレータイプのものは紫外線吸収剤が含まれていることが多いので、肌の弱い人は注意が必要です。

敏感肌の人は、
紫外線散乱剤を使った、クリームタイプを塗る方がいいでしょう。
いきなり塗るのではなく、手の平で温めてから頭皮に塗るとなじみやすいですよ。

ウォータープルーフのものでも、しっかりとシャンプーを泡立ててマッサージするように洗えば、落ちるので、クレンジングは必要ないと思いますが、気になる方はクレンジングを使ってからシャンプーをしても問題ありません。

日焼け頭皮ケア予防に気をつけたいこと

まず、帽子か日傘を使用するのが一番。

そして分け目をこまめに変えること。
同じ分け目にしていると、そこばかりが日焼けし頭皮のダメージになります。

サンバイザーは頭頂部が晒されてしまうので、要注意です。

帽子が苦手なら、最近流行っているターバンも便利です。
できるだけ幅の広いものを選ぶと、頭皮をカバーできます。

日焼けによる感想を防ぐためにも、保湿効果の高いシャンプーに切り替えるのも良いですよ。

まとめ

頭皮のケアは今とても注目されています。
実は頭皮のたるみが顔のたるみの原因で、頭皮が赤い人は顔がくすんでいるとも言われています。

顔も頭皮も一枚の皮で繋がっていますものね。
日焼けケアは頭皮からです!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑