冷房病の症状と原因とは?オフィスと自宅でできる簡単夏冷え対策

公開日: 

夏に女性を悩ませる冷房の冷え。
キンキンに冷房の効いた電車、お店、そしてオフィス。

冷えに耐えているうちに、冷房病かな?という症状に悩まされる人も。

自宅なら調整もしやすいですが、オフィスではなかなかそうもいきません。
自宅でできる冷房病対策とオフィスで出来る冷房対策を
うまく取り入れて、冷房病にならない方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

冷房病とはどんな症状?原因は?

冷房病(クーラー病)は、室内と外の温度差が5℃以上あるところを行き来することで自律神経が乱れ不調が起こることをいいます。

体の冷えから肩こり、倦怠感、疲労感、頭痛に加え、ホルモンバランスも乱れることから、生理不順の症状が起こることも。

夏は他の季節に比べて、冷たいものを飲み、冷房の効いた場所が多いため自律神経が崩れやすいです。

冷房病対策法オフィスで冷えないコツとは?

夏のオフィスは、冷房が強く効きすぎていることが多くありませんか?
特に男性社員、それも暑がりの人が多いと、冷蔵庫にいるみたいに感じることも、
冷房病への道まっしぐらです。

そんな時にやりたいことは、

スポンサードリンク

・腹巻をする
 真夏は熱がこもらないシルクを使ったものがおすすめ
・ひざ掛けを使う
 うんと寒いなら電気ひざ掛けや、電気座布団もおすすめ
・朝食やお昼ご飯に体を温めるしょうがや唐辛子を摂る
・お腹や腰にカイロを貼る
 カイロは冬だけに使うのはもったいない!
 冷えがキツいオフィスにいる時は貼ってみてください

冷房病対策に自宅でできるセルフケアとは?

体を温めるためにまずやりたいのが、
・入浴は湯船に浸かる
シャワーでやり過ごさずに、しっかりとお湯に浸かることが大事です。

・ドライヤーで首から背中を温める
ヘアドライヤーでうなじから背中にかけてを温めます。
特に背骨の周りの皮膚を温める、これを1日1〜2回繰り返します。

約一週間ほどで自律神経が整ってきますよ。

・クーラーは除湿で
クーラーで体を冷やしすぎると、自律神経が乱れてしまいます。
できるだけ体に負担をかけないようにするには、温度では湿度を調節することです。

実は人は湿度が下がると体感温度が下がったと感じるので、そこをうまく利用します。

クーラーを除湿モードにして、扇風機で風を循環させて間接的に体に当たるようにすれば、体を冷やしすぎることが減ります。

まとめ

冷房病は長い時間いるオフィスでの過ごしかたにポイントがあるようです。
自分にあった対策をして、夏の冷房を乗り越えていきましょう♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑