唇の荒れ乾燥がリップクリームで治らない!ワセリン唇ケアのご紹介

公開日: 

唇にリップクリームを塗ると、痛くて仕方がない、乾燥してしまう。
そんなお悩みはありませんか?
実は唇が敏感でリップや口紅類が合わない女性はとても多いそうで、私もその一人です。

唇ケアにおすすめのワセリンを使ったリップケアをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

唇の乾燥や荒れは意外なものが原因

唇が乾燥してヒリヒリかさかさ。皮が剥けたり、ひどい時は水泡ができる人もいるようです。

原因の多くは、刺激のある物質が唇に接触したからなのですが、その刺激物質が意外なものだったりします。

例えば
・歯磨き粉
・リップグロスやリップカラー
・リップクリーム
・マスク

など・・・。

口紅は、ロウなど油性成分にタール色素、界面活性剤、合成ポリマーなどが入っていて、特にタール色素の刺激が唇の荒れる原因とも言えます。

しかしリップクリームも負けちゃいません。
リップクリームは、防腐剤、香料のほか、炎症を鎮める成分に、美容成分など化学物質がたくさん含まれています。

盲点なのがリップクリームやで、荒れないと思いたっぷりと使っていることがより悪循環になっています。

また、マスクの繊維が刺激になることもあります。

私は歯磨き粉や口紅を界面活性剤や合成着色や保存料など
使用していないものに変えるとかなり改善されました。

リップクリームの代わりにワセリンを使おう

リップクリーム、特にメンソール系のものは刺激が強いので使うのは控えたいものです。
が、それ以外でもなかなかリップクリームで、唇が荒れないものって見つかりません。

そこでオススメなのは、ワセリンです!
ワセリンと言ってもワセリンリップではなく、ヴァセリンでもなく、普通に薬局で売っているものです。

スポンサードリンク

薬局で売っているワセリンにも種類がある
普通肌の人は
白色ワセリンで大丈夫です。

敏感肌の人は
サンホワイトという、ワセリンがオススメです。

ワセリンの原料は石油。石油の不純物を取り除いて高純度に精製したものがワセリンですが、サンホワイトはより高純度に作られたもので、刺激がより少ないのです。

スクリーンショット 2016-04-03 7.49.36

着けるときは、ほんの少量を少し体温で温めてから塗ると、よく伸びて密着します。

口紅やリップグロスを塗る前にワセリンを塗るだけでも、荒れはグッと軽減しますよ。

唇に優しいワセリンとハチミツで作るパックのご紹介

唇のスペシャルケアに、いつものワセリンにハチミツをプラスしたパックはいかがでしょうか。

やり方はとても簡単、
ハチミツとワセリンと約1:1で混ぜておき、
唇に塗る
ラップを唇にのせて、5分程度時間をおいたら、ワセリンを拭き取っておしまい。

しっとりとした唇が復活します。

ただし、刺激を感じるようならすぐに中止しましょうね。

まとめ

私はワセリンを使うようになって、長年のガビガビ唇から脱出することができました。
でも、ワセリンを塗らずにリップグロスなどを塗ると、またガビガビに戻ることになります。 リップグロスって刺激が強いんですね^^;

唇の荒れ、乾燥は、夏に向けて特に深刻になってきます。
唇の紫外線ケアについてもご紹介させていただいてますので、よろしければ読んでみてくださいね♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑