日焼け止めノンケミカルなら肌荒れ無し?敏感肌の紫外線対策

公開日: 

日焼け止めを探すときに気になるキーワード「ノンケミカル」
ノンケミカルはお肌に良さそうですが、実際はどのようなものなのでしょうか?
敏感肌、日焼け止めで肌荒れしやすい人がどんな日焼け止めが良いのかをまとめてみました。

スポンサードリンク
  

日焼け止めノンケミカルとケミカルの違いとは?

紫外線吸収剤が入っている日焼け止めがケミカル、紫外線吸収剤を使わず紫外線散乱剤を使ったものが、ノンケミカル日焼け止めと言います。

紫外線吸収剤とは?
「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」が成分に書かれていたら、紫外線吸収剤です。
紫外線吸収剤は、成分自体が紫外線を吸収して紫外線が肌にダメージを与えるのを防ぎます。

それに対して、
紫外線散乱剤
「紫外線散乱剤は天然に存在している鉱物由来の成分であるため「ノンケミカル」と呼ばれます。
紫外線散乱剤は天然に存在している鉱物由来の成分であるため「ノンケミカル」と呼ばれます

日焼け止めノンケミカルなら肌荒れしないは間違い

“ノンケミカル”という、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めなら、肌に優しいの?
と思われがちですが、決してそうではありません。

紫外線吸収剤に関してはノンケミカルでも、他の成分がすべて安全というわけではないですし、
紫外線錯乱剤が、お肌を乾燥させることもあるからです。

また、紫外線錯乱剤は、紫外線によって変質して活性酸素を発生させる、という研究結果の報告もされています。

スポンサードリンク

さらに、ノンケミカルの日焼け止めでも、すぐに落ちてしまうのであれば、意味がありません。日焼け止めが簡単に落ちてしまい、強い紫外線にさらされれば、当然お肌が大きなダメージを受けてしまいます。
以上のことからも、単純に“ノンケミカル”の日焼け止めが肌に優しいとは言い切れないのです。

日焼け止め敏感肌の人が試してみたい紫外線対策

「日焼け止めを使う時間は短く」
日焼け止めは紫外線を防ぐ効果もありますが、肌のバリア機能を壊してしまう側面があります。

肌の弱いひとや敏感肌のひとはできるだけ使う時間を短くしましょう。
目安として15分以上外に居る時は日焼け止めを塗りそれ以外は使うのを控えます。
また外出から帰ったら、すぐに洗い流すことも大切。

「ワセリンの上に塗る」
肌が弱いひとは、ワセリンを顔全体に伸ばしてから日焼け止めを塗ると、肌荒れのリスクがぐっと減ります。

「石鹸で落とせる日焼け止めを選ぶ」
落としやすさも大切な要素
日焼け止めで傷んだ肌を、強いクレンジングで落とすと肌がダブルで傷んでしまいます。

石鹸で落とせる日焼け止めを基準に選んでみましょう。

まとめ

ノンケミカルかケミカルか迷うところですが、敏感肌の方は日焼け止めの選び方以上に使い方に注意が必要なようです。

帽子や日傘を上手に使って、日焼け止めを使う時間を短くする工夫をして乗り切ってみましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑