酵素ドリンク手作り効果は絶大失敗しない作り方と材料選び

公開日: 

酵素ドリンクの人気はすっかり定着しています。
いろんな種類が売られていて、どれもこれも試してみたくなりますが、ちょっとお値段が高いのも事実。

ならばいっそ手作りをしてみませんか。
思ったより簡単にできますし、市販のものと違ってコストも安く、添加物も使わないので安心して飲めます。

スポンサードリンク
  

酵素ドリンク手作りの効果は市販の酵素とどちらが高いの?

酵素たっぷりの果物や野菜と、砂糖を手で混ぜて漬けた酵素ドリンク(シロップ)が、美容や健康にいいと言われています。

酵素ドリンクには、生の野菜や果物に含まれる酵素がそのままぎゅっと凝縮されています。
保存も効くのでまとめて作り、酵素を手軽にとることができます。

また、直接自分の手で混ぜて作るため、手の表面や家の中にある常在菌を、酵素シロップを通して取り入れることができ、自分の体に合った酵素が出来上がります。

さらに酵素ドリンクは発酵が進むにつれて乳酸菌が増えてきます。
乳酸菌といえば、
近頃話題の腸活に力を発揮することで知られていますね。

腸を整えることで、免疫力がアップしてお肌もふっくらツヤツヤです。

酵素ドリンク作り方の基本と材料選び

約1リットル分の材料
材料:季節の野菜と果物1キロ
(りんご、みかん、レモン、人参、キャベツ、カブ、小松菜、白菜、など)

白砂糖:1.1キロ
あれば出し昆布10センチ程度

密閉しない保存容器

保存容器を熱湯で消毒します。
そのため、ガラスやホーローなどの容器を選びましょう。

野菜や果物は丁寧に洗い、できるだけ均等な大きさにカットします。
この時、できるだけ皮は剥かず丸ごと使いましょう。
果物や野菜は、皮の近くに栄養がたっぷりあると言われているので、できれば無農薬のものがいいですよ。
種も捨てずにそのまま使います。

スポンサードリンク

カットした野菜と果物を入れ、次にグラニュー糖と交互に重ねて保存容器に漬け込み、最後に出し昆布を載せ、最後にグラニュー糖でおしまい。

暖かい室内に置き、朝晩底からしっかりと素手で混ぜます。
(手に怪我をしている時は手袋をして)

グラニュー糖が溶けて、野菜類が全て上に浮いてきて表面に泡がプツプツとしてきたら出来上がり。

ざるで濾して完成です。
この時野菜と果物をぎゅっと絞らないで、ゆっくりと滴り落ちるのを待ちましょう。

酵素ドリンク手作り失敗しないコツとは

酵素作りにはある程度暖かい部屋が適しています。
室内の暖かい所に置いたり、寒い時は毛布などで包んでも。

なかなか発酵しないという場合は、室温に気をつけてさらにゆっくりと待ってみましょう。
冬場なら20日程度かかりますし、気長に焦らないように。

白砂糖じゃなく、てん菜糖や、黒糖でもできますが、発酵に時間がかかってしまいます。
白砂糖で作るのが一番早く、失敗知らずです。

果物野菜は、細かくカットした方が発酵が早く進みます。
一度細かく切るのが面倒で、ちょっと大きめにカットして作ってみたことがあるのですが、発酵がいつもより時間がかかってしまいました。
急がば回れという言葉を思い出しました。

漬け込む際の保存容器を、アルコール消毒してしまったために、発酵しにくかったという報告を聞いたことがあります。
アルコールが菌の発酵を妨げてしまうので、保存容器は熱湯消毒が良いでしょう。

まとめ

出来上がった酵素ドリンクは、炭酸水やミネラルウォーターで割って飲むととっても美味しいですよ。
ジャグなどに移し替えて、冷蔵庫などで保存して飲みましょう。

1〜2か月はもちますが、美味しいのでもっと早く無くなってしまうと思います。

また、発酵に使った野菜や果物は小さな洗濯ネットに入れて、お風呂に入れると、酵素入浴剤の出来上がり。
お肌がツルツルになりますよ。 一回しか使えませんが最後まで使い切ることができます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑