【人気料理家4人の梅シロップレシピ】個性的なこだわり満載

公開日: 

そろそろお店に梅用の保存瓶に並び出しましたね。
毎年作る定番もいいですが、たまにはちょっといつもと違うものを作りたいなぁと思うことはありませんか?
雑誌LEEに人気料理家の秘伝梅レシピが載っていました。
いずれも個性的で、こんなレシピがあったのか!と、どれも作ってみたくなります。
今日は個性的な梅シロップレシピのご紹介です。

c717def9895777d1216cff616ccce970_s

スポンサードリンク
  

渡辺有子さんの梅シロップレシピ

材料
完熟梅:500グラム
氷砂糖:300グラム
白バルサミコ酢:100グラム

作りかた
1・梅は水洗いしよく水気をふき取る。竹串でヘタを取り除く
2・清潔な保存瓶に氷砂糖を敷き、梅、氷砂糖と交互に入れ、最後にバルサミコ酢を加え冷暗所に置く
3・はじめの4〜5日は氷砂糖が溶けやすいように瓶ごと揺らし、3〜1か月ほどたって氷砂糖が完全に溶けたらザルでこし、シロップをひと煮立ちさせて清潔な瓶に戻入れ、冷蔵庫で保管する。

植松良枝さんの梅シロップレシピ

材料
青梅:1キロ
果糖:500グラム
リンゴ酢:150ml

A:赤唐辛子2〜3本
  シナモンスティック2本
 クローブ8粒 
 黒胡椒ひとつかみ

スポンサードリンク

作りかた
1・梅のヘタを竹串で取り除き、たっぷりの水に2〜4時間つけ、アクを抜く
2・梅の水気を一粒ずつよくふき取り、清潔な保存瓶に入れる。
果糖とリンゴ酢、Aを加え、フタをして冷暗所に置く。
果糖が溶け始めるまでの数日は、1日1度瓶を揺らす。
3週間〜1か月で飲み頃に。
 

中川たまさんの梅シロップレシピ

材料
完熟梅:1キロ
洗双糖:800グラム〜1キロ

作りかた
1・梅は流水で洗い、ザルにあげて水気をふき取る。
竹串でヘタを取り全体に穴をあけ、保存袋に入れて凍らせる。
2・清潔な保存瓶に梅を入れ、洗双糖、梅と交互に重ねていき、密封して冷暗所に置く、砂糖が溶けるまで、毎日瓶を揺らし、発酵しないよう、時々梅のフタを開け、確認。
3・砂糖が溶けたら出来上がり。

藤井恵さんの梅シロップ

材料
青梅:1キロ
氷砂糖:1キロ
りんご酢:200ml

作りかた
1・梅は水洗いしてからよく水気をふき取り、ザルに広げて完全に乾かし、竹串でヘタを取る。
2・清潔な保存瓶に、氷砂糖を薄く敷き、梅、氷砂糖と交互に入れていき、最後に酢を加え、密封して冷暗所に置く。
3・はじめの1〜2日は氷砂糖が溶けやすいように、瓶ごと1日2〜3回上下に返す。
氷砂糖が溶けたら完成。

まとめ

渡辺有子さんと、藤井恵さんは酢を使われています。
植松良枝さんはスパイスを使ったレシピでお料理にも使えるレシピ、
そして中川さんは梅を凍らせて作ると、それぞれ個性がありますね。

あなたが作ってみたいのはどれでしょうか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑