「梅酒の作り方」個性的なレシピ4選アルコールお砂糖選びに迷ったら

公開日: 

梅酒の基本といえば、青梅とホワイトリカーと氷砂糖ですが、もうちょっとひねりのあるレシピで作りたいなぁと思うことってありませんか?
他の人はどんなレシピで作っているのかも、ちょっと気になります。
人気料理家さんの、こだわりたっぷり秘伝の梅酒レシピをご紹介させていただきます。

スポンサードリンク
  

渡辺有子さんの梅酒レシピ

材料
完熟梅:500グラム
氷砂糖:350〜400グラム
果実酒専用の米焼酎:720グラム

作りかた
1:梅を水洗いしてよく水気をふき取る。竹串でヘタを取り、数カ所に穴を開ける
2:保存瓶に氷砂糖をしき、梅と氷砂糖を交互に入れ、最後に米焼酎を注ぎ、密封して冷暗所に置く。
3:はじめの4、5日は瓶ごと揺らす(砂糖が溶けやすくなるため)
4:3か月後くらいから飲めるが美味しくなるのは半年以降。その頃梅を取りだしておく。

植松良枝さんの梅酒レシピ

材料
青梅:500グラム
果糖:300グラム
ウイスキー:750ml

作りかた
1:梅のヘタを竹串で撮り、たっぷりの水に2〜4時間つけ、アクを抜く
2:水気をひと粒ずつ拭き取り、保存瓶に入れる
3:果糖とウイスキーを加え、蓋をして冷暗所に置く。
はじめの2〜3日は、1日に1度瓶を大きく揺らす
4:一ヶ月後には美味しく飲める

スポンサードリンク

中川たまさんの梅酒レシピ

材料
青梅:1キロ
洗双糖:500グラム
ブランデー:1・8ℓ

作りかた
1:青梅を水に2〜3時間つけてアク抜きをし、ザルにあげる。
竹串でヘタを取った後、水気をよく拭き取る。

2:保存瓶に梅、洗双糖と交互に重ね最後にブランデーを入れたら、密封して冷暗所で保存。
三ヶ月後からが飲み頃。

藤井恵さんの梅酒レシピ

材料
完熟梅:2、5キロ
氷砂糖:1キロ
黒糖焼酎:1、8ℓ

作りかた
1:梅は水洗いし、よく水気を拭きザルに広げて完全に乾かし、竹串でヘタを取る
2:保存瓶に氷砂糖を敷き、梅氷砂糖と交互に入れていき、最後に焼酎を注いで冷暗所に置く。
3:はじめの2〜3日は瓶ごと1日に2〜3回上下に返す
4:冷暗所に置いて、1年ほど寝かせてからが飲み頃。

まとめ

いかがでしたか? おしゃれな料理家さんの梅酒はいずれも個性的なレシピで、寝かせる時間やアルコールの使い方などとても参考になります。
じっくり寝かせてもよし、早めに飲んでも良しの自家製梅酒レシピでした。

雑誌LEEの6月号には、アレンジレシピやお使いの保存ビン(みなさんとても素敵なのをお使い)なども紹介されていて
保存版にオススメです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑