母の日のお花の選び方アレンジ花束どれが良い?注意したい花選びとは

公開日:  最終更新日:2016/03/27

2016年母の日は5月8日です。
母の日のプレゼントは、お花が一番人気ですが、鉢植えにするか花束にするか、カーネーションにするかにするかそれ以外のお花にするか、迷ってしまいます。

花を贈るときの、選び方のポイントです。

スポンサードリンク
  

母の日の花の選び方

母の日のお花といえば、カーネーションが定番ですが、毎年送っていると飽きてくるのも仕方の無いこと。

カーネーションは定番ですが、これじゃ無いといけないというわけではありません。
好みのお花を贈って良いのですよ。

気をつけたいのは、お母さんの年齢。
高齢の方は、真っ白でまとめたお花は仏花を連想してしまうそうです。

最近若い女性に人気のピンポンマムという可愛いお花がありますが、ピンポンマムは菊の一種。
年配の方にしてみれば「菊」は仏前のお花というイメージで、贈るのは控えた方がいいです。

ピンポンマム
0c1518e1860bf9295ac71b55878c4ce1_s

年齢に関係なく、華やかで明るい花を選びましょう。

また、高級感を出したい時は、ラン・ユリ・バラなどを入れるのがポイントです。

母の日の花アレンジと花束どっち?

同じ花でもアレンジと花束があります。
ここも迷うところですが、どっちが良いのでしょうか?

スポンサードリンク

「アレンジ」
良いところ
・花瓶いらずですぐに飾れる
・郵送に向いている
悪いところ
・お花を生けるのが好きなお母さんには物足りない
・花束より割高

「花束」
良いところ
・同じ予算ならアレンジよりボリュームが出て豪華になる
・食事会などで手渡しするなら、花束の方が向いている
悪いところ
・花瓶に生けるのが面倒

遠方に住むお母さんに送るならアレンジ。
近くに住む花好きのお母さんに手渡しするなら、花束がいいでしょう。

色のコントラストをはっきりさせると、より見栄えがしますよ。

母の日プレゼントにおすすめはプリザーブドフラワー

一番手間がかからず、デザインも豊富で可愛いと人気なのがプリザーブドフラワー。
そのままポンと置くことができるし、水やりなども一切必要なし。

お値段はちょっと高めですが、小さくても個性的なものなどを選んでみてはいかがでしょうか?

ガラスドームに入ったものや、リースタイプ、アレンジフラワータイプなどいろいろなタイプのものがありますよ。

cf71e161eb8e7cba332285da47cd5f52_s

お母さんの個性に合わせて選びましょう。

まとめ

母の日のお花はネットで注文するととても便利。
ですが、人気のアレンジやプリザーブドフラワーは品切れになるのも早いです!
4月の半ばまでには予約をしておくと良いと思いますよ。

直前になってから、慌てませんように。
(これ、毎年私の恒例です・・・)

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑