洗濯物の生乾きのイヤな臭い解消する洗剤干し方洗う前にやりたいこと

公開日: 

洗濯物の生乾き。嫌な臭いやカビの原因になります。
実は洗濯をする前、洗濯の仕方、干し方、全てにポイントがありました。
洗濯物から生乾きの臭いをさせないコツをたっぷりご紹介しますね。

スポンサードリンク
  

洗濯物生乾きを予防!洗う前にやっておきたいこと

「洗濯カゴでやりがちな間違いと選び方」

・洗濯物は洗濯槽に絶対に入れてはいけない!
ついやってしまいがちですが、洗濯槽に汚れた洗濯物を入れておくと、衣類の汚れが湿気とともにこもり、菌が増えることになってしまいます。

蓋を開けていても、湿気を完全に逃がすことができないので、必ず洗濯槽以外のカゴにキープしておきましょう。

・洗濯カゴの選び方
ベストはプラスチック素材で網状のもの。
籐など天然素材のものは、それ自体にカビが生えたり、洗うことができないため不向きです。

・汗や水で濡れたものは乾かしてから入れる
髪や身体を拭いたタオルをそのまま、洗濯カゴにポイと入れると菌が繁殖し、ほかの衣類に移ってしまいます。

「洗う前にやっておきたいこと」

・消臭・除菌スプレーを味方に
すぐに洗濯ができない時、消臭&除菌スプレーを洗濯物に吹きかけておくと、ニオイの予防に。
洗い終わって干す前にも軽く吹きかけておくと、ニオイ発生を防げます。

・汚れのついている方を表にしておく
汚れのついている部分を表にしておくと、汚れが落ちやすくなりますよ。
例えば、食べこぼしが付いたシャツなどは、そのまま。
肌着など内側に皮脂汚れがついているものは、ひっくり返しておきます。

靴下も、裏返しておくと良いです。

生乾き防止洗濯洗剤の選びつけ置き残り湯の使い方

「洗濯後の嫌なニオイがしなくなる洗剤選び」

・液体と粉末どちらが落ちる?

粉末洗剤はいろんな汚れに対応したオールマイティタイプ。
液体洗剤は皮脂汚れ、食べこぼし、ニオイなどに特化した機能的なもの。

・液体粉末を混ぜるのはOK?

液体と粉末の良いところ取りで混ぜて使うとより効果が上がりそうと思いますが、これはダメ。
それぞれの効果を打ち消してしまい、せっかくの良い特徴が生かされません。

その時々の、目的に合わせて使い分けるのがベスト。

・洗剤の量を少し多めにしたら効果は上がる?

量を増やすと効果もパワーアップしそうですが、実際には効果無し。
より汚れ落ちやニオイ予防効果を狙うなら、より洗浄力の強い洗剤を適量使うのが一番です。

「つけ置き洗いにはコツがあった」
汚れやニオイを落とすために効果的なのはつけ置きです。

スポンサードリンク

つけ置きにも幾つかコツがあります。
・衣類が浸かる程度の40℃以下のぬるま湯に、洗濯1回分の洗剤と液体の酸素系漂白剤を入れ、つけ置き液を作ります。
・つけ置き時間は30分〜2時間程度。
・つけ置き液ごと洗濯機に入れ、洗剤も足さずにそのまま洗う。

※色柄ものは最初に目立たないところに洗剤をつけて色落ちしないか試してからにしましょう。

「お風呂の残り湯を使う場合の注意点」

お風呂の残り湯で洗濯をするのは良いのかダメなのか?
迷うところですが、菌の発生という観点から見ると注意が必要です。
残り湯は翌日になると菌の温床になってしまいます。
残り湯を使うなら、
「その日のうちに」「すすぎは水道水で」
さらに「抗菌作用のある漂白剤を使う」と安心です。

また、お湯だけじゃなく、残り湯をくみ上げるホースがカビだらけというケースも・・・。
ホースも時々洗浄することが大切なのだそう。
これってちょっと忘れがちですよね。

部屋干しでも生乾きをさせないコツもし臭いがついてしまったら

部屋干しをするとニオイがついちゃって・・・
部屋干し一番の悩みどころですが、これもちょっとしたコツがあります。

「部屋の中でどこに干せばいいの?」

一番良い場所は、もちろん風通しの良い場所。
窓を開けれるなら、風がよく通りますが、窓を閉めていなくちゃいけない場合は、部屋の真ん中が一番空気の通りが良くなります。

カーテンレールはNG
部屋干しの際にカーテンレールを利用する人は多いと思いますが、カーテンレールは壁際のため空気の通りがあまり良くありません。
さらに、カーテンが汚れていたり、レールに積もった埃がせっかく洗った衣類に付く場合も。

鴨居なら、風通しが良くなるので、鴨居を利用しましょう。

「浴室乾燥機除湿機どっちがお得?」

空間が狭く、換気ができる浴室は、効率的に湿度を取り除けるため洗濯物が早く乾きます。
浴室に乾燥機がついていれば便利ですが、除湿機の方が電気代は安く済むそうです!

「生乾き臭のする洗濯物はもう一度干したらニオイは抜ける?」

これは残念ながら、もう一度洗い直し、それもしっかりと除菌をする必要があります。
じゃないと臭いが消えたように感じても、汗をかいたり濡れた時に、いやな臭いが復活。

つけ置き洗いのコツでご紹介した方法で、一度除菌をするととニオイが無くなります。

まとめ

統計を取ると過半数の人は部屋干し派。
天気の心配がないので、仕事をしている人などは部屋干しが便利です。
臭いがつかない洗い方のコツさえ知っていれば、どんどん部屋干しができますね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑