胃腸の不調を解消する断食なしリセット法と胃腸不調に効くツボとは

公開日: 

季節の変わり目や環境が変わると起きやすい胃腸のトラブル。
胃腸はカラダのエネルギーとなる食事の分解と吸収を助けてくれる重要な器官。

胃腸を正常に保つためには暴飲暴食を避けて、バランスの良い食事をとることが大切ですが、時には不調になることもありますよね。

病院に行くほどじゃないけど、胃腸に不調を感じた時に実践してみたいことをまとめてみました。

スポンサードリンク
  

胃腸の不調を断食なしでリセットする方法

胃腸の調子が悪い時、断食でリセットするのが有効と言われていますが、断食は気合を入れないとできませんよね。

食べることが好きな人や、お腹が空きやすい人にとってはちょっと辛すぎます。

そんな時は、断食をしないで胃腸をリセットして上手に回復する方法があります。

「朝の4時からお昼の12時までは食事を摂らない」
この時間帯は内臓が休みやすい時間です。
動きが鈍い時間は動くのを休ませてあげることで、効率的な回復ができます。

「夕飯は量ではなく消化にいいものを選ぶ」
これも断食なしリセットのテクニック。
胃腸の調子が悪い時は、つい量を減らしがちですが、量ではなくて消化の良いものを選びます。

例えば、うどん、お豆腐、白身魚、卵、大豆、牛乳など。

スポンサードリンク

卵は熱を加えるほど胃に留まる時間が長くなるため、胃痛の時は半熟状態で食べるようにしましょう。

このプチリセットを1日実行するだけで、胃腸がスッキリするのを実感できるはずです。

胃腸の調子が悪い時に控えたいもの

胃の消化機能が落ちている時に控えたい食べ物のご紹介をしますね。

脂っこいもの、固いものなど、消化しにくい食べ物はできるだけ避けましょう。
塩分の強い、塩辛や漬物なども弱った胃腸には負担です。

胃酸分泌を促すレモンなどの柑橘類や酢の物など酸味が強いものも避けましょう。さらに唐辛子やわさびなどの香辛料、カフェインを多く含むコーヒーや濃い緑茶も控えます。

スイーツなど甘いもの、カレーなど辛いものは胃液の分泌を高めてしまうので、控えましょう。

胃腸の不調をツボで回復する方法

胃腸を元気にするツボが手のひらにあります。
場所は手のひらの真ん中と手首の中間にある「胃腸点」

暴飲暴食や胃痛、胸焼け、下痢など消化器系の不調や食事抑制にも効果があるツボです。

胃の不調を感じたら、胃腸点を10秒押し込み、次に5秒離すとう動きを3回繰り返します。

まとめ

特に暑い時期は、冷たい飲み物やアイスをたくさん摂ってしまいがち。
胃腸に不調を感じたら、胃腸をリセットしてツボを押してみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑