頭がスッキリしない原因は脳疲労!マッサージと瞑想で解消する方法

公開日:  最終更新日:2016/06/26

なんだか頭がスッキリしないなぁと感じることはありませんか?
仕事中や勉強中に頭がボーッとして集中力が欠如し、ミスを連発してしまうと、
精神的にも落ち込んでしまいます。

今日は簡単にできて効果絶大な頭をスッキリさせる方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

頭がスッキリしないのは脳の疲労が原因

頭がボーッ、スッキリしない、実は脳の疲れが原因です。
精神的に疲れたというのも、正しくは「脳が疲れて」いるのです。

実は脳というのは疲れやすく、勉強・仕事はもちろん、運動運転、会話をしているだけでも疲労が溜まっていきます。

脳が疲労することで集中力が欠けて、記憶力、判断力の低下が起こってしまいます。

仕事中に脳が疲れて頭がスッキリしなくなると、大きなミスに繋がってしまう可能性もあります。
脳を簡単にリフレッシュさせる方法をご紹介しますね。

頭スッキリ簡単マッサージと食べもの

「血行促進頭皮マッサージのやり方」
頭皮マッサージの方法は、
耳のまわりに親指以外の四本指を置いて、そこから円を描くように頭全体をマッサージ。
コツは血行の流れと同じように下から上へ、1日5分程度やると効果的です。

頭をスッキリさせて脳の疲れを取るには、頭皮マッサージがおすすめです。
頭皮マッサージというと、発毛効果?と思われがちですが、脳の疲労回復に効果は絶大です。

カラダの中でもあまり動かされない場所のトップクラスの頭皮ですが、動かさないと血行不良になります。
頭皮をマッサージして動かすことで血行が良くなり、疲労やコリがなくなります。

IMG_6586
頭皮専用マッサージャーも便利です>>>INBEAUTEヘッドスパ

さらに食べ物でも脳疲労に効くものがあるんですよ。

スポンサードリンク

「脳疲労に効く食べもの」
大豆・・・神経の働きが良くなるレシチンが多くふくまれている
ピーナッツ・アーモンド・・・レシチンが豊富で物忘れ防止効果も期待出来る
青魚・・・DHA・EPAが豊富 記憶力がアップ
ブルーベリー・苺・・・ビタミンと抗酸化物質が豊富で脳の老化を防ぐ
チョコレート・・・ポリフェノールと集中力が高まるテオブロミンもたっぷり

また脳のエネルギー源は、ブドウ糖と言われていますが、糖分を血液に乗せて脳に届ける肝臓の働きが必要です。
肝臓の働きを活発にする、しじみや大豆、レバー、海藻類も積極的にとりたいものです。

頭スッキリに効果絶大な瞑想&深呼吸

ストレス解消や集中力を高めたいときに瞑想は有効と知られていますが、精神疲労や脳疲労を回復される効果もあるとされています。
脳の疲れを取り頭をスッキリさせ、仕事の能力を向上させるために瞑想を取り入れている企業が増えています。

故スティーブジョブスや、ビルゲイツも、瞑想の実践者で、グーグルやインテルなどの企業でも瞑想を社員の能力向上のために取り入れています。


「椅子に座ったままできる簡単な瞑想法」

楽な姿勢で座って目をつぶり、ゆっくりと呼吸をしその呼吸に意識を集中。
周りの雑音が少しずつ聞こえなくなってきたら、そのままの状態を10分ほどキープ。
最初は短い時間でも、これを少しずつ時間を延ばしていきましょう。

もっと簡単に脳疲労を取る方法に深呼吸もおすすめ。
脳が疲れる原因は、疲労物質の活性酸素が大量に発生した事で、酸素不足になるからです。
疲れてきた時に「ふぅ〜っ」とため息をついてしまうのは、脳の酸素不足を解消しようと無意識に酸素を取り込もうとしているから。

ならば!こまめに深呼吸をして脳の酸素不足を補うことがおすすめです。
さらに、深呼吸をした後に軽くジャンプすると、よりスピーディに脳に酸素が届きやすくなるそうです。
ジャンプの回数は50〜100回が適当というので、ちょっとしたエクササイズですね。

まとめ

勉強中や仕事中、煮詰まってきたと感じたら、すぐに頭皮マッサージをしてみましょう!

瞑想もぜひ取り入れてみて、
時間が許せば、そのまま15分程度お昼寝をすると、頭はスッキリです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑